お客様の大切なダイヤ、大切に買います
ダイヤモンドの基礎知識 ソーティングと鑑定書、鑑別書

ダイヤモンドのジュエリーを購入する場合、一般的には鑑別書や鑑定書(グレーディングレポート)という、
ダイヤモンドの概要を表記した冊子が添付されます。
また、ダイヤモンド・ルース(裸石、ダイヤモンド単体)の場合、ソーティングというものが添付されることもあります。
それらのソーティング、鑑定書、鑑別書は、それぞれ何が違うのでしょうか。

業者間取引で使われる簡易鑑定書
ソーティング見本

鑑定機関の発行する簡易鑑定書で、ビニルケースに
ダイヤモンドのグレードが記された用紙が入っています。
4Cと言われる基準に沿ったダイヤの品質評価が記載されています。

ダイヤの形、カットグレードの詳細の記載などはありませんが、
ダイヤの品質を特定するのに十分な情報は網羅されていますので、
実質的には、鑑定書と同様に扱われます。
4Cと言われる基準とは?

ダイヤの品質を4Cで評価、鑑定した証書
鑑定書見本

鑑定機関の発行する鑑定書です。
グレーディングレポートとも呼ばれます。
4Cと言われる基準に沿ったダイヤの品質評価が記載されています。

見栄えもよく、ダイヤの形の詳細(各部の高さ、寸法など)、カット、
グレードの詳細(仕上げや対象性、蛍光性)など、
ソーティングよりも詳細なダイヤの情報が記載されています。
ダイヤモンド鑑定、鑑定機関とは?

宝石の真贋(天然石か、合成石や模造石か)を鑑別した冊子
3鑑別所見本

鑑別書は、ダイヤモンドに限らず全ての宝石が対象になります。
宝石の種類、真贋が検査結果を元に記載されています。

注意しなくてはいけないのは、鑑別書は、あくまで本物か偽物かを
鑑別するものであり、そのダイヤの品質については記載されません。

鑑定書と鑑別書が別のものであるということは、あまり一般に
知られていませんので、購入の際にソーティングや鑑定書が無く、
鑑別書の添付だった場合は、注意が必要です。
(天然石でも、色やカットなど4Cの基準が低い可能性があります。) ダイヤモンドの真贋の見極め