お客様の大切なダイヤ、大切に買います
ダイヤモンドの基礎知識 鑑定と鑑定機関
国内のほとんどの鑑定機関は、GIA(米国宝石学会)の基準(4C)の鑑定表記を採用していますが、カラット以外の基準は
完全に一致している訳ではありません。

宝石鑑別団体協議会(AGL)加盟の鑑定機関では、鑑定の客観性を高めるために、カラーグレードの評価に
共通のマスターストーンを使用する、カットの評価に自動計測器を使用する、といった努力をしていますが、
非加盟の団体もありし、そもそも鑑定書の発行機関は公的なものではなく、誰でも発行できるものなのです。
同一のダイヤモンドでも鑑定機関によって評価が変わことも稀にあります。

販売者側は、ダイヤモンドをより高く評価してもらうため、甘い基準で鑑定してくれる機関を使いたくなりがちですが、
それでは鑑定をする意味が無くなってしまいます。
そのため、ダイヤモンド業界では、鑑定書を発行した団体の信用度によって、取引される値段が上下するということがあります。

世界的に最も基準が厳しいと言われる鑑定機関は、アメリカのGIA、ベルギーのHDR(ダイヤモンド・ハイ・カウンシル)と
言われています。
また、日本においてはGIAに加え、CGL(中央宝石研究所)、 AGT(AGTジェムラボラトリー・GIA JAPAN) の鑑定書が
最も信用されています。
※全国宝石学協会発行の鑑定書は、2010年以降鑑定、発行のものに限り、上記3社と同じ扱いがされます
米国宝石学会 "4C"生みの親
1931年にカリフォルニア州サンティアゴで設立された、世界的な宝石学(ジェモロジー)教育と鑑別・鑑定機関です。
世界各国に22の支部があります。

現在のダイヤモンド鑑定の基準"4C"は、GIA USAが考案しました。
GIA USAの鑑定書は世界中で通用し、有名オークションにおいて出品される宝石には、GIA USAの鑑定書を
付けることが義務付けられています。

また、教育機関として、ここで学び、厳しい試験に合格した者にはGIA-GG(Graduated Gemolosist)という
称号が与えられます。
このGIA-GGは、世界中の鑑定・鑑別機関で鑑定士として活躍している人の多くが持つ称号となっています。
中央宝石研究所 国内最大手の鑑定機関
1970年設立。現在、日本の鑑定書の6~7割を占める、信頼性に定評がある最大手の機関です。
HRD(ダイヤモンド・ハイ・カウンシル)と業務提携を行い、また、鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)の
発行部数で世界最大級を誇り日本の宝石業界における標準的な存在です。

ハートアンドキューピット(H&C)を世界で初めてダイヤモンドサブレポートとして添える、
ダイヤモンドスパークレポートの開発を行うなど、ダイヤモンド鑑定分野での先駆的存在でもあります。

ダイヤ買取専門店ネオスタでは、中央宝石研究所にソーティングを依頼しています。
AGTジェムラボラトリー GIAと提携し、GIA JAPANの研究部門を担当
ダイヤモンド鑑定の基準"4C"を考案したGIAと提携し、GIA JAPANとして研究部門を担当、また、
宝石学の教育も行っています。
現在、日本国内で最も鑑定・鑑別が厳格と言われる鑑定機関です。

特にカラーダイヤモンドの微妙な色合いの判定には定評があり、カラーダイヤモンドの鑑定などでは、
AGTジェム・ラボラトリーの鑑定書は必須となっています。