お客様の大切なダイヤ、大切に買います
ダイヤモンドの基礎知識 見分け方と代替品

ダイヤモンドはその希少性、(特に大きな石の)価値の高さから、さまざまな代替品、「偽ダイヤ」が研究されてきました。
普段からダイヤの取り扱いに慣れた人であれば、一目で分かるものも多いのですが、
近年の技術の進歩により、精巧な、専用の機材を使って調べないと分からないものも出回るようになってしまいました。

簡単にできるダイヤモンドの見分け方
息を吹きかける
熱伝導率を利用する方法

ダイヤモンドは他の宝石に比べ、とても高い熱伝導率をもっています。
ダイヤに息を吹きかけて表面を曇らせると、熱伝導率が高いため曇りはすぐに消えますが、
たいていのダイヤ代替品は曇りがなかなか消えません。

水滴をたらす
表面の疎水性を利用する方法

ダイヤモンドは、他の宝石に比べ、水を弾く力が強い性質を持っています。
ダイヤに水滴を垂らすと、水滴は丸くなりますが、ダイヤ模造品では水滴は平たくなります。

油性ペンで書く
表面の親油性を利用する方法

水を弾く力とは逆に、ダイヤモンドは油を弾く力が弱い性質を持っています。
ダイヤには油性ペンで線を書くことができますが、ダイヤ模造品ではインクを弾いて上手く書けません。

なお、ダイヤモンドには、油性ペン同様に手の油も付いてしまいますので、普段はあまり手で触らないほうがいいでしょう。
仮に油が付いてしまった場合は、中性洗剤を使って洗いましょう。

ラインテスト
屈折率を利用する方法

裸のダイヤモンド(ダイヤモンド・ルース)でしか見分けることができませんが、紙の上に黒いラインを引き、
ダイヤで透かしてその線を見ます。
模造品はラインが見えますが、本物はその屈折率により黒いラインが見えません。

上記の見分け方は、ご家庭で簡単にできる範囲での見分け方です。
どれかがクリアできなければ、それはダイヤモンドではない可能性が高いということですが、
逆に、全てクリアしたとしても、そのダイヤが必ずしも本物であるという保証にはなりません。
お手持ちのダイヤの価値を確認されたい場合は、お近くの宝石屋さんなどで、きちんとした鑑定をしてもらうよう、
相談なさるのが確実です。
ダイヤモンドの代替品として使われるもの
ガラス

屈折率が低いため、本物のダイヤモンドのような輝きがなく、
少し経験がある人が見れば、すぐに分かります。

合成スピネル

屈折率が低いため、本物のダイヤモンドのような輝きがなく、
少し経験がある人が見れば、すぐに分かります。

無色サファイア

屈折率が低いため、本物のダイヤモンドのような輝きがなく、
少し経験がある人が見れば、すぐに分かります。

水晶

屈折率が低いため、本物のダイヤモンドのような輝きがなく、
少し経験がある人が見れば、すぐに分かります。

トパーズ

屈折率が低いため、本物のダイヤモンドのような輝きがなく、
少し経験がある人が見れば、すぐに分かります。

ジルコン

透明なものはひと目で見分けるのが難しく、昔から、故意に、
または故意ではなく、ダイヤモンドとされてきました。
ダイヤに比べ脆いので、使用していると角が摩耗して
丸みをおびてきます。

合成ルチル

本物のダイヤモンドよりも輝きが強く(強すぎるくらいです)、
ルーペで上から底を見ると稜線に明らかな二つの影があり、
簡単にダイヤとの区別ができます。
また、硬度に劣り、傷つきやすく脆いため、使用していると
角が摩耗して丸みをおびてきます。

人工ガーネット

屈折率、分散率が非常にダイヤモンドに近く、一目では
見分けるのが難しいのですが、比重が高く重いため、
比重計を使うことで見分けることができます。

キュービックジルコニア(CZ)

現在一番出回っているダイヤモンド代替品です。
一目では見分けるのが難しいのですが、ダイヤモンドに比べ
ファイヤーが強く、光がより虹色に輝きます。
また比重が高く重いため、比重計を使えば分かりますし、
硬度に劣り、傷つきやすく脆いため、使用していると
角が摩耗して丸みをおびてきます。
また、熱伝導率が低いため、本物にある、触ったときの
ひんやりした感じが無いのも特徴です。

人造モアッサナイト

屈折率、分散率が非常にダイヤモンドに近く、見分けるのが
難しいものです。
比重も硬度も、さらには熱伝導率もダイヤに近いものに
なっています。
違いは、ルーペで確認できます。
ダイアにはないダブリングという、テーブル面から底を見たときに
見える2重の尾根線、稜線があることなどです。

現在宝石として一般に流通しているダイヤモンドは、天然石をカットしたものですが、100年以上前から、
人工的にダイヤを生成する試みはされていて、現在では製造方法が確立し、工業用などに人工ダイヤモンドが
使われています。
なお、人工ダイヤモンドは、上で挙げたような代替品ではなく、科学的にもダイヤモンドそのものです。
しかし、それでも天然ダイヤとは一部異なる特性があることや、宝石は自然が生み出したからこそ価値があると
されており、業界では宝石として天然ダイヤほどの価値を認められてはいません。