お客様の大切なダイヤ、大切に買います
ダイヤモンドの基礎知識 用語集
あ行
アイ クリーン Eye Clean
裸眼でのFL(フローレス「クラリティ」参照)、つまり裸眼ではインクルージョンが全く認められないダイヤモンドのこと。
ダイヤの価値基準4Cの1つ、クラリティの等級で SI-1 以上を指します。
アイデアル カット Ideal Cut
ブリリアントカットの中でも、トルコフスキーが数学的に算出した最高級のプロポーションのもの。
正確なカットを施すためにより多くの時間と技能が要求され、原石の中から無駄になってしまう部分が大きいなどのため、
アイデアル・カットのダイヤモンドはおおむね他のカットのものより高価になります。
インクルージョン Inclusion
ダイヤモンド中に包有される他の鉱物のこと。
少なければ少ないほど、小さければ小さいほど、そのダイヤの価値は上がりますが、全く内包物が無いというものは珍しいため、
インクルージョンが天然のダイヤである証にもなっています。
エクストラ ファセット Extra Faset
ダイヤモンドのカットで、規定外にカットされた余分なファセットのこと。 ファセット上のキズを取り除くために作られます。
か行
カット Cut
ダイヤモンドの価値基準4Cの1つで、形状、研磨の精度の状態のこと。
EXELLENTが最上の評価で、以下VERY GOOD、GOOD、FAIR、POORと評価が下がっていきます。
カットのグレード評価は、ブリリアントカットのものにのみなされます。
職人の腕前が評価に直結する要素であり、また、ダイヤのきらめきを決定する最も重要な要素となります。
4Cと言われる基準とは?:カット
ガードル Girdle
ダイヤモンドの外周の細い境界線のような部分のこと。
ジュエリーをセッティングする際には、ダイヤのガードル部分で固定します。
ガードルは他の部分と同じように研磨・面取りされることもありますし、そのまま残されることもありますが、
研磨されたほうが、全体的により美しくなります。
カラット Carat
ダイヤモンドの価値基準4Cの1つで、重さの単位。現在は1ct(カラット)=0.2gとされています。
また、ポイントという単位もあり、1カラット=100ポイントです。ダイヤの産出地であったインドでは、1粒の重さがどれも
ほぼ一緒という、稀な性質を持つケラシオン(イナゴ豆)を計量に使っていました。
このケラシオンがカラットの語源であり、1粒の重さが1カラットとして定められたと言われています。
4Cと言われる基準とは?:カラット
カラー Color
ダイヤの価値基準4Cの1つで、透明度を表すもの。
無色に近いものほど光を透過させるため、価値が高くなりますが、わずかに含んでいる窒素などの不純物により地色が
黄味を帯びるものがあります。
マスターストーン(標準石) を使い専門家によってチェックされ、アルファベットのDからZまで23段階に等級付けされます。
4Cと言われる基準とは?:カラー
カリナン Cullinan
1905年に南アフリカのカリナン鉱山で発見された、史上最大のダイヤ原石、また、その原石からカットされたダイヤのこと。
重さ3106カラット(621.2g)の原石が英国王エドワード7世に献上され、9つの大きなものと96個の小さなものにカットされました。
9つの大きなダイヤはそれぞれカリナンI~IXまでの名が付けられ、すべて英国王室か王族個人の所有物となっています。
そのうち、カリナンI は世界最大のカットダイヤとして有名で、「偉大なアフリカの星(The Great Star of Africa)」とも呼ばれ、
ロンドン塔で永久展示されています。
キューレット Culet
ダイヤモンドの底面の先端のこと。
大き過ぎず小さ過ぎず、適度な大きさが良いとされ、大き過ぎる場合は光が漏れてしまい、石の底に穴があるように見えます。
また、キューレットが小さい場合は、ダイヤの底の先端が傷ついたり欠けたりする原因になります。
キンバーライト Kimberlite
ダイヤモンド原石が産出されることがある火成岩のこと。古い地質が保たれている地域、大陸奥地などにのみ分布しています。
語源は、南アフリカ共和国北ケープ州の州都キンバリーで、多くのダイヤモンド鉱山がある地域です。
クラウン Crown
宝石の上部の面のこと。ガードルを境にして上部がクラウン、下部がパビリオンとなります。
クラリティ Clarity
ダイヤモンドの価値基準4Cの1つで、透明度を表す。
内包物の無いFL(フローレス)を最高に、肉眼でインクルージョンが見えるまで11段階に分類されます。
磨かれたダイヤを専門家が拡大鏡で10倍に拡大して検査し、インクルージョンの有無、位置、大きさ、性質、数、色、
を総合的に判断して評価を行います。
4Cと言われる基準とは?:クラリティ
グレード Grade
ダイヤモンドの価値基準4Cのそれぞれの評価項目の等級のこと。評価項目により名称(単位)が異なります。
4Cと言われる基準とは?
蛍光性 Fluorescence
一部のダイヤモンドにおいて、紫外線が当たったときに、青などの蛍光性の輝きを発すること。
弱い蛍光はダイヤの外見に影響しません。
結晶インクルージョン Crystal Inclusion
ダイヤモンドのインクルージョンの中でも、結晶化した鉱物のこと。
特に、よく発達したダイヤの結晶を内包しているものは、子持ちダイヤと呼ばれることもあります。
コ・イ・ヌール Koh-i-noor
多くの伝説、逸話に彩られた、かつての世界最大のダイヤモンド。
原産地のインドやその周辺の王侯の間で所有が争われましたが、最終的には英国のヴィクトリア女王の手に渡り、現在は
ロンドン塔で展示されています。
当初は186カラットありましたが、採掘当時のカットのままでは輝きを十分に引き出せていなかったため、ヴィクトリア女王の
夫・アルバート公の手配により、現在のブリリアントカットへと再カットされ105カラットになっています。
コンクッション マーク Concussion mark
ダイヤモンドが硬く鋭い物体に激突したときなどに生ずる、微少なへき開を伴う傷痕のこと。
長期間使用したダイヤに見られる場合があります。
さ行
再カット Re-cut
何らかの理由で、一度カットされたダイヤモンドに再びカットを施すこと。
年代の古いダイヤは、当時のカット技術が未熟で輝きを引き出せていないことがあるため、再カットをすることでより輝きを増す
場合があります。
シンチレーション Scintillation
ダイヤモンドがキラキラときらめくこと。
ダイヤを見る時に少しでも動くとファセットから閃光、光のきらめきが見られる効果のことを指します。
シンメトリー Symmetry
カットの評価を形作る項目の1つで、形状が左右対称になっているかの評価のこと。対称性とも言います。
シンメトリーが劣っているダイヤモンドは、入って来た光が分散し輝きが弱まります。
セッティング Setting
リングに宝石を留める方法のこと。
デザインに影響し、最近はセッティングがあまり目立たないものが好まれています。
た~な行
立て爪 Setting
石座 (「枠・空枠」参照) にのせた一粒のダイヤモンドを爪で留めるセッティング方法の1つ。
ダイヤを持ち上げ、光が入るように工夫されています。
(ダイヤ本来の美しさを際立たせる効果があり、婚約指輪の定番となった6本爪は、ティファニー社が考案したもの)
ディスパージョン Dispersion
ダイヤモンド内部に入った光が屈折反射を繰り返す中でプリズム効果が生まれ、これが白色光を構成する各々のスペクトルに
分解され、虹色の輝き(スペクトルカラー)を放つ現象のこと。
ダイヤの3つの効果の1つで、「ファイアー」とも言われます。
デビアス De Beers
ダイヤモンド鉱山会社であり、世界のダイヤ業界で大きなシェアを占め、価格を維持するためのコントロールをしていると
言われるリーディングカンパニー。
マーケティングの歴史の中で最も成功したと言われる「A Diamond is Forever」というスローガンを生み出しています。
このスローガンは、増産によって値下がり傾向にあったダイヤの価格を維持するために、大きな役割を果たしました。
テーブル Table
ダイヤモンドのトップにある大きなファセットのこと。
ダイヤ内部に入た光の反射を、見る者の目に返す役目があり、このテーブルが大きても小さ過ぎても、全体としては不適切な
プロポーションとなり、ダイヤドのきらめきと輝きを損なう原因となります。
ダイヤの美しい輝きを引き出すために重要な部分です。
テーラー・バートン Taylor Burton
イギリス映画界を代表する俳優リチャード・バートンが、大女優エリザベス・テーラーの誕生日を記念して贈ったダイヤモンド。 「69.42カラット」のペアシェープ形で、後に二人の名前を取って「テーラー・バートン」と呼ばれるようになりました。
このダイヤはプレミア鉱山で採れた 240.75カラットの原石を、宝石商ハリー・ウィンストンが仕入れてカットさせたもので、
最高品質のカラーD、クラリティFL(フローレス)だと言われています。
オークションでカルティエが落札し、その後リチャード・バートンが購入、1978年にリチャード・バートンと離婚したエリザベス・
テーラーによって競売にかけられ、現在は中東の大富豪が保有するとされています。
着色ダイヤモンド Nnatural
無色透明のダイヤモンドに、黄色、褐色、緑色、青色、ピンク、赤などの色を人工的に着色し、作り出したダイヤの総称。
(ダイヤには、放射線照射や薬品、熱処理などによって着色することができる)
人工的な処理が施された着色ダイヤモンドでも、鑑定書には「天然ダイヤモンド(処理石)」と表記されます。
ナチュラル Natural
研磨済みダイアモンドの表面に研磨されることなく残されている部分のこと。
通常はダイアのクラリティには影響を与えないため、なるべく多くの重量を残そうと研磨した場合に残るものです。
は行
パヴェ Pave
パヴェとは「石畳」の意味で、隙間なくメレダイヤモンドを散りばめる加工のこと。
デザイン次第で、繊細でシックな中にメインストーンを引きたて、より華やかに見せることができます。
パビリオン Pavilion
ブリリアントカットされたダイヤモンドの下半分、下部ガードルから底部キューレットまでの部分のこと。
パビリオンが深過ぎたり、浅過ぎたりすると、光が漏れてダイヤ本来の輝きを引き出せないとされる、重要な部分です。
ファセット Facet
カット、研磨された平らな1つ1つの面のこと。
ファセット カット Facet cut
宝石の表面に多数のファセットを作り、光をより吸収し、屈折させ、内部から輝くようにするカット方法の総称。
ダイヤモンドのブリリアントカットの場合は、キューレットを含めて58面のファセットがあります。
ファンシー カラー Fancy Color
天然ダイヤモンドでありながら、はっきりとした色調を持ったもの。
無色のダイヤに比べて産出量が極めて少なく、希少性が高いものの中には、高額で取引されることもあります。
中でも、レッド、グリーン、ブルー、ピンクの順に希少価値が高くなります。
ファンシー カット Fancy Cut
ブリリアントカット以外のカット形式のダイヤモンドのこと。「ファンシーシェイプ」とも呼ばれます。
オーバルカット、ハートシェイプカット、ペアシェイプカット、エメラルドカット、プリンセスカット、マーキースカットなど様々ありますが、
ファンシーカットにはカットグレードの評価基準無いため、同じカラット数ブリリアンカットと比較すると、割安になる
傾向があります。 (カットの評価基準は、ブリリアントカットについてのみ設けられている)
フィニッシュ Finish
ダイヤモンドのカットの評価に含まれる項目。
シンメトリー(ダイヤの形状、ファセットの対称的な配置と場所の正確さ)と、ポリッシュ(研磨済みダイヤの表面状態あるいは
研磨後に生まれたブレミッシュ)があります。
カットの評価の中でプロポーションと共に重要とされるポリッシュ(研磨)、最後の磨き仕上げにより、ダイヤの輝きに明確な
差が出ます。
覆輪留め(ふくりんどめ) Rim Setting
ダイヤモンドに合わせてその周囲を取り囲むように絞ってダイヤを伏せ込むセッティングのこと。
ダイヤを大きく見せる効果があり、ダイヤをより美しく引き立てる、とてもシンプルなデザインです。
ブライトネス Brightness
ダイヤモンドを真正面から見た時、外部内部のファセットから反射されて見える白色の光の総称。
クラウン側から入った光がダイヤモンド内のパビリオンで繰り返し反射(全反射)して、再びクラウン側から出てくると、
まばゆいばかりの白色の輝きになります。
ダイヤの3つの効果の1つです。
ブリリアント カット Brilliant Cut
17世紀頃に発見されたダイヤモンドのカット形式の1つで、最もスタンダードで人気のあるもの。
屈折率など全てを綿密に計算された58面体カットは、内側から外側に向かってファセットが配置されいるのが特徴で、
ダイヤの美しい輝きを最大限に引き出すカットだと言われています。丸型のものをラウンドブリリアントカットと言います。
ブレミッシュ Blemish
再研磨で取り除くことのできる、表面に限定されたスクラッチ(引っかきキズ)、ニック(微小なカケ)、およびナチュラルなどの
特徴のこと。
プロポーション Proportion
ダイヤ内部で反射する光の量に影響を与える要因。
テーブルサイズ、クラウンの角度、ガードルの厚さ、パビリオンの深さ、などのバランスで総合評価されます。
カットの優劣の判断基準の中ではこれらが最も重要で、美しさの評価に大きく影響します。
へき開(劈開) Cleavage
結晶がある方向に沿って平滑(平らでなめらかなこと)に割れたり、剥がれたりすること。
ダイヤモンドでは、正八面体の面に対して平行にへき開性があります。
ホープ・ダイヤモンド  Hope Diamond
ワシントンのスミソニアン博物館に所蔵されているブルーダイヤモンドのこと。
9世紀頃にインドで発見された大きなブルーのダイヤの一部と言われ、1824年頃にヘンリー・フィリップ・ホープの宝石コレクション
として記録されたことから「ホープ・ダイヤモンド」と呼ばれるようになりました。
1668年にルイ14世が手にして以来、持ち主を次々と不幸に陥れたとういう伝説があり、「呪い」の宝石として有名です。
ま行
マスター ストーン(基準ダイヤモンド) Master Stone
鑑定評価の基準となるダイヤモンドのこと。
特にダイヤの場合はカラー判別が難しいため、カラーグレードを鑑定する時の標準となるダイヤが必要です。
マスターストーンの選出は厳格な基準をクリアしなければならないため、非常に質の良い高価なダイヤということです。
メレ ダイヤモンド Melee Diamond
0.2~0.1カラット程度以下の小粒なダイヤモンドの総称。一般的には「メレダイヤ」と呼ばれます。
多くはジュエリーのメインストーンを引きたてるために、周囲に散りばめるなどデザイン性を高めるために用いられます。
モース硬度 Mohs Hardness
ドイツの鉱物学者、フリードリヒ・モースが考案した鉱物や宝石の硬度を表す基準のこと。
宝石がどのくらいの「引っかき傷」に耐えうるかを測り、10段階の等級に分類した相対硬度です。
ダイヤモンドが「世界一硬い」と言われるのは、このモース硬度が最高値10であることからきていますが、これは叩いて壊れる
かどうかの堅牢さのことではなく、ダイヤにはへき開性があるため、衝撃の角度や強さによってはカケてしまうこともあります。
や~わ行
4C Cut,Color,Clarity,Carat
ダイヤモンドの品質などを評価する4つの基準のこと。
ダイヤの価値は主に、クラリティ(Clarity)、カラー(Color)、カット(Cut)、カラット(Carat)の4つの要素で決定されます。
この4要素の頭文字を取り、4Cと言われます。
4Cと言われる基準とは?
リージェント・ダイヤモンド Regent Diamond
1700年頃にインドのダイヤモンド鉱山発見された410カラットの大きな原石を、フランスの宝石収集家でルイ15世の
摂政(リージェント)であるオルレアン公が購入。これ以降、このダイヤは「リージェント・ダイヤモンド」と呼ばれるようになりました。
現在ルーブル博物館に展示されています。
ルース Loose
カット、研磨された状態ではあるが、ジュエリーの枠にセッティングされていない裸石のこと。
枠・空枠 Frame
ダイヤモンドなどの宝石をはめ込むための金属枠のこと。 爪があるタイプは「石座」、爪が無いタイプは「台座」と呼ばれます。